グアム 旅行記 3月 アウトリガー-3日目

こんにちは! せどマイラーです。

3日目は待望!?のスヌーバをしてきました。

子どもたちには、将来スキューバダイビングを体験させてあげたいと思っています。

でも、2015年のハワイ旅行で、船に乗ってイルカを見る&シュノーケルのツアーに参加した時は、船に酔うは海底が深くビビッてしまうわで、散々な目に会いましたので、

今回は、砂浜から参加できるスヌーバを体験してきました。

シュノーケルだと水面付近の魚しか見ることができませんが、これだと足が届かない深いところでも魚を間近に見れるので、良いかなと思った次第です。

お世話になったのは、こちらです。

リアルワールドダイビング

 

まずはじめに、それぞれのホテルまで車で迎えに来てくれます。

アウトリガーの宿泊客はお隣のディシュタニホテルで待つことになりました。

最初に連れていかれたのは、フィエスタ・リゾート・グアム敷地内の事務所です。

ここで、日本人のスタッフから簡単なレクチャーを受けます。

 

その後、また場所を移動して、今度はイパオ・ビーチに連れていかれます。

ここで、再度 現地ガイドから詳細なレクチャーがあり、順番に海に入っていきます。

私たちは2番目の組でしたので、最初の組がどうやって海に入っていくかを見ながら、順番を待ってました。

途中、激しいスコールが降ってきて、「ヤバい!もう、潜れないかも!?」と思ったのですが、すぐに晴れてきて 潜ることができました。

 

スヌーバとは酸素ボンベに繋がれた長い管の先にシュノーケルの口の部分がセットされています。ゴーグルを付け、そのシュノーケルをくわえて、呼吸をしながら、魚がたくさんいる場所まで、現地のガイドの方に誘導してもらいます。

海底にロープが張ってあるので、それにつかまりながら、どんどん沖合にいくイメージです。

子供たちは、ゴムボートに乗せられて、魚のいるスポットについてから、スヌーバを付けて潜るかたちです。

なので、現地ガイドさんは沖合まで、子供たち2人を乗せたボートを引っ張っていかなければならず、結構な重労働のようでした。

 

魚のいるスポットに着くと、ガイドさんが餌を撒いてくれます。

そうすると、どんどん周りの熱帯魚が私たちのまわりに集まってきます。^^

おかげさまで、グアムのきれいな熱帯魚をたくさんみることができた、楽しかったです。

ちょっと、長女の足を突っつく魚がいたみたいで、歯形のようなものが残ってしまいましたが、大したことはなくホッとしました。

 

是非、グアムに行った際は、スヌーバをすることをおススメします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

香港 旅行記 7月-3・4日目

ハワイ ホノルル 旅行記 11月-3日目

マレーシア クアラルンプール 旅行記 4月‐3日目

ロス・ベガス 旅行記 10月-6日目

ロス・ベガス 旅行記 10月-2日目

タイ バンコク 旅行記 2月-2日目(ワット・ポー編)