マレーシア クアラルンプール 旅行記 4月‐2日目

2日目は、クアラルンプール市内にあるホテルまでの移動と観光です。

 

まずは、ホテルで朝食を食べます。

このホテルはビュッフェ式の朝食が付いていたので、好きなものを取りました。

朝食です。↓

プラザ プレミアム ラウンジ KLIA 2の朝食

このラウンジも「プライオリティパス」を持っていれば、無料でご飯を食べられたはずなのですが、最初から朝食がホテル代に含まれているので、まあ良しとします・・・。

 

 

チェックアウト後に市内に移動です。

まずはKLセントラル駅に向かいます。

メジャーな方法はKLIAエクスプレスという特急列車があるのですが、値段が55リンギット(約1,400円)と少々お高いので、空港バスでKLセントラル駅に向かうことにしました。

20リンギット(約500円)でしたよ。

↓空港を出発した直後の車窓風景

クアラルンプール空港を出発した直後の車窓風景

 

空港周辺は、緑がいっぱいでしたが、市内に入るとどんどんビル群が見えてきました。

クアラルンプール市内

 

KLセントラル駅に着きましたー!

ここから、モノレールに乗り換えて、ブキッ・ビンタン駅に向かいます。

料金は、2.5リンギット(約65円)でした。

 

ホテルのチェックイン後に、お昼ご飯と観光を兼ねて、チャイナタウンに向かいました。

移動で利用したのは、「ホップオン・ホップオフ・バス」というもので、クアラルンプールの観光名所をぐるぐる周回してくれる乗り降り自由の2階建てバスです。

ホップオン・ホップオフ・バス

24時間で、45リンギット(約1,200円)でした。

 

ちょうど、ホテル近くの停留所から2つ目がチャイナタウンなので、ここで一旦下りてお昼ご飯にすることにしました。

 

事前にガイドブックで調べていた、ローストチキンで有名な「南香」に入ることにしました。

南香

お店も通りに面していたため、すぐに見つかりましたよ♪

注文したのは、ローストチキンと焼き豚のセットです。

南香のローストチキン

スプライトも合わせて、12リンギット(約300円)でした。

まあ、この手の料理で不味いものに当たったことはないのですが、やはり噂に違わず美味しかったです。^^

 

その後、関帝廟を見て、再度バスに乗り込みます。

関帝廟

 

バスは、王宮やらモスクなどを回っているのですが、お腹がいっぱいになったのと、寝不足で、バスの中でうたた寝をしてしまい、気が付くとKLタワー近くまでぐるっと一周ちかく回ってました。汗

その後、ツインタワーで降りてから、歩いてホテルまで帰りました。

 

途中で、パビリオンという巨大ショッピングモールがあったので、暑かったこともあり、かき氷を食べましたよ!

マレーシアのかき氷、チェンドルです♪

チェンドル

アイスクリームも乗せてもらって、5.9リンギット(約150円)でした。

 

夜ご飯はササッと済まして、夜にそなえて? 一旦 お昼寝をしました。

あ、夜はムフフなこと?ではなく、サルサクラブに行きたかったからですよ!

30歳から9年間ほど、趣味でサルサダンスをしていたので、ちょっと海外で踊ってみたくなったのです。

事前に調べてみると、クアラルンプールにもサルサが踊れるクラブは数件あるようで、今回はなんと日本女性がオーナーをしているという

Yoko’s Restaurant Latin Bar

に行ってきました。

Yoko's Restaurant Latin Barの看板

 

カウンターに座って、バーテンダーにYokoさんがいるかどうか聞いてみたところ、

残念ながら、Yokoさんは日本に帰っているとのことでした。

まあ、せっかく来たので、バーテンダーさんとお話しながら、ラテンバンドの生演奏を楽しみました。

ラテンバンドの生演奏

 

あまりサルサを踊れる人はおらず、数人の欧米人がリズムに合わせて自由に踊っているだけでした。

バーテンダーと知り合いの女性がコロンビア出身でサルサも踊れるということが分かり、1曲だけ踊って、ホテルに帰りましたよ。

お約束のキューバの代表的なカクテルのモヒートです。約60リンギット(1,500円)なので、結構高めでした。汗

モヒート

でも、美味しかったですよ!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ロス・ベガス 旅行記 10月-9日目

ハワイ ホノルル 旅行記 11月-準備編

マレーシア クアラルンプール 旅行記 4月‐準備編(ホテル)

タイ バンコク 旅行記 2月-4日目(バンパイン宮殿編)

ハワイ ホノルル 旅行記 11月-2日目

ソウルに行くならデルタ航空のマイルがお得かも!?